小説

ドラマハラスメントゲームの脚本原作者・井上由美子おすすめの全5作品小説ランキング

ハラスメントゲームの作者は井上由美子

ハラスメントゲームの原作を担当しているのは井上由美子という脚本家です。

立命館大学を卒業後、テレビ東京勤務を経て脚本家へと転身しました。

彼女の手がけたテレビ脚本は非常に人気でヒット作も多く、書籍化もされています。

今回は、井上由美子の書籍化されている作品のランキングを紹介しています。

5位 パンドラ

ガンの特効薬に群がる、スクープを狙う新聞記者や利権を狙う製薬会社、その功績を奪おうとする厚生労働省などさまざな人や組織の思惑が交錯する、医療ミステリー。

出世をあきらめ、家族に捨てられても、たったひとり癌特効薬の研究を続けてきた医師鈴木。長い歳月をかけ、やっと発見した新薬が、様々な人間の欲望に火をつける。スクープを追う新聞記者、利権を狙う製薬会社、その功績を奪い取ろうとする厚生労働省……。人類悲願の薬は、開けてはならないパンドラの箱だったのか? 衝撃の医療ミステリー。

4位 メイドインジャパン

倒産の危機に瀕した家電メーカーを描く、リアリティ満載の製造業ドラマ。

今となっては日本の製造業など海外のテクノロジー企業の前になすすべもない感じですが。

かつて世界を席巻した日本の製造業。しかし円高、欧州経済危機、韓国・中国の台頭の中、「メイドインジャパン」の象徴でもあった巨大電機メーカー・タクミ電機はいまや「余命3ヶ月」の倒産の危機に瀕していた。会長の勅命で集まった矢作をはじめとする7人の再建チームは倒産回避に奔走する。そんな彼らの前に立ちはだかったのは、中国の新興企業とかつてタクミ電機をリストラされた一人の日本人技術者だった。「メイドインジャパン」は生き残ることができるのか?いままさに起きている危機を描いた衝撃作。NHKドラマ『メイドインジャパン』を完全ノベライズ化。

3位 陽はまた昇る エピソード0 刑事・遠野一行と七人の容疑者 

レストランで起きた放火殺人事件を追うミステリー小説。突如姿を消した生存者、一体何が起きたのか。

レストランで放火殺人事件が発生。取り調べの鬼と呼ばれる遠野刑事が捜査にあたるが、六名の生存者が姿を消した。彼らは、本当に被害者なのか?

2位 昼顔

created by Rinker
¥500
(2018/11/20 12:01:26時点 Amazon調べ-詳細)

恋愛不倫ミステリー小説。ドロドロした大人の恋愛模様を楽しみたい人はぜひ

お互いに結婚していながら、惹かれ合い愛し合うようになった紗和と北野。その関係はいつしか明るみになり、別れざるを得なくなってしまった。あれから3年―。運命のいたずらか、再びめぐり会う二人。あの時に交わした愛を忘れられず、どちらからともなく逢瀬を重ねていく。そんな中、二人の前に現れたのは…。

1位 ハラスメントゲーム

created by Rinker
¥1,620
(2018/11/20 12:01:26時点 Amazon調べ-詳細)

日本のハラスメント問題を取り上げたエンターテインメント作品です。

2018年10月15日月曜日よりテレビドラマで放送されています。

奇想天外先が読めないハラハラドキドキストーリー、、という訳ではないですが、痛快な成敗劇を見たい方にはオススメです。

コンプライアンス室を舞台に、さまざまなハラスメント問題と会社の闇を描く、スリリングなエンタメ企業小説!かつて凄腕で鳴らした秋津渉が、マルオーホールディングス本社に呼び戻され、コンプライアンス室長に任命された。セクハラ、パワハラ、パタハラなど一筋縄ではいかないハラスメント難問に、唯一の部下である高村真琴とともに立ち向かっていく…。