カメラ

【初心者向け】カメラの始め方完全マニュアル!素人におすすめのカメラはどれ?

この記事ではどのカメラを買ったら良いか迷っている初心者の方に向けておすすめのカメラをジャンル・値段別に4つ紹介しています。
最初の導入が長いという方は目次よりスキップできます。

カメラはすでにあるけれど、プロみたいに上手な写真の撮り方がわからないという方はこちらを参考にすると良いかもしれません。

写真教室よりも上達が速い!自宅でラクラク上達♪一眼レフカメラ講座



カメラの選び方:まずは自分にあったカメラを選ぶ

まずはいきなりカメラを探す前に、何を撮るのかを明確にするのが良いです。

カメラを選ぶ際には、被写体の特徴によって必要な機能を考えていくと良いでしょう。

  • 壮大な風景を撮りたい
  • 夜景が撮りたい
  • 目の前のモノを撮りたい
  • 人や動物を撮りたい
  • 動きの激しいものを撮りたい
  • ダイナミックな動画が撮りたい

いろんな需要に合わせて必要な機能が変わってきます。

まずは、何を撮りたいのかを一つずつ洗い出して見ましょう。


デジカメ、一眼レフ、ミラーレスの違いは何か

初心者の方がまず困惑するのがこれらの3つの違いです。

写真を使って一つずつ紹介していきます。

デジカメ

デジタルカメラ (英: digital still camera、DSC) とは、撮像素子で撮影した画像をデジタルデータとして記録するカメラである。世界で初めてコダックが開発した。

デジカメとはデジタルカメラの略称で、現在使われているほとんどのカメラがデジカメに当たります。通称はDSCです。

よく聞くような一眼レフもミラーレスもデジカメの一種です。

逆にデジタルカメラに当たらないものは、フィルムを使って現像するタイプのカメラです。フィルムカメラは、現在主流になっているデジタルカメラの対として、アナログカメラとも呼ばれます。

特別フィルムにこだわりのない初心者の方であれば、デジタルカメラの方が使い勝手が良く高性能なので、わざわざフィルムカメラを選ぶ必要はありません。

コンデジ

コンデジとは、コンパクトデジタルカメラの通称で、レンズ交換が不可能な一番シンプルな機能だけを備えているカメラになります。

一眼レフやミラーレスカメラと比較して性能面ではやや劣りますが、その価格帯はそれらの1/2を割った状態でミラーレスカメラと同程度の画素数を誇るものもあります。

そのため本格的にカメラをやりたい訳ではないけれど、携帯よりも綺麗な写真を撮りたい、という人はこのコンパクトデジタルカメラがおすすめになります。

一眼レフ

一眼レフカメラ(いちがんレフカメラ、英:Single-lens reflex camera 、SLR)とはスチルカメラの構造による分類のひとつで、撮影に使用するレンズと撮像面(フィルムもしくは固体撮像素子)の間に鏡(ミラー)を置き、実際に撮影されるイメージを光学ファインダーで確認することができるものをいう。

一眼レフカメラは、撮影用の光学系とファインダー用の光学系が一系統であるのが特徴です。通称はSLRです。

一眼レフカメラのメリットは4つあります。

  1. レンズを交換するだけで自動でファインダーが対応される
  2. 視差がないのでレンズを通して見た像と実写像が変わらない
  3. ピント合わせとボケの推測が簡単にできる
  4. 動くものを撮影する時の追従性能が高い

一方で、一眼レフカメラのデメリットはこちらです。

  1. カメラが大きく重い
  2. バックフォーカスが短いレンズを採用しにくい
  3. 撮影時、一瞬だけ見えなくなってしまう
  4. 撮影時、振動と音が発生して手ブレしやすい

このように、一眼レフカメラは非常に高性能な写真が取れる一方で、その使いやすさの面では少し慣れが必要になります。しかし、本格的なカメラを使いたい方は一眼レフカメラを選んでいます。



ミラーレス

ミラーレス一眼カメラ(ミラーレスいちがんカメラ)とはデジタルカメラの分類のひとつで、一眼レフカメラの光学式ファインダーの代わりに電子ビューファインダーや液晶ディスプレイを通じて像を確認する形式のレンズ交換式デジタルカメラの総称である。

ミラーレスカメラは、簡単に言えば重たくて大きなカメラは持ちたくないけど綺麗な写真を撮りたい方のために開発されたカメラです。一眼レフカメラと違って、光学式ファインダー(ミラー)がないので、小型軽量でシンプルに取り扱うことができるのがポイントです。

一般に、カメラ女子と呼ばれる方達に好まれて使われています。

ミラーレスカメラのメリットはたくさんあります。

  1. ミラーがなく、小型軽量である
  2. 構造が簡単なので故障が少ない
  3. 動作音が小さい
  4. 手ブレが少ない
  5. イメージセンサーにより顔認識や動作体の追従に優れる
  6. 部品が少ない分、コストがやすい
  7. 写真の絞り込み機能が優れ、ボケの確認などができる
  8. トイカメラ風、ジオカメラ風といった特殊機能が搭載されている

一方でデメリットとしては

  1. センサーを通す分、タイムラグが生じる
  2. コントラストが低く、被写体の色によっては実写と同じように映らない可能性がある
  3. 一眼レフと比べて解像度が低い
  4. 自然光の強い日は被写体が上手く映らないことがある
  5. バッテリーの消費が激しい

といった問題があります。

しかし昨今ではミラーレスカメラの発展は著しく、こうしたデメリットも全く気にならないほど高性能なカメラがほとんどです。

なので、誰にも負けないくらい綺麗な瞬間を写真に納めたい方は一眼レフ、自分が満足できる程度の綺麗な写真を撮りたい方はミラーレスカメラといった形で選ぶと良いでしょう。ミラーレスカメラでも素人目から見ればかなり綺麗に撮ることができます。



見分け方

Amazonや楽天などでカメラを買う際には、カメラのタイプが一眼なのかミラーレスなのかは表記されていません。

それではカメラを購入する際に、どのようにして一眼レフかミラーレスかを見分ければ良いのでしょうか。

その見分け方のポイントは、ファインダーのタイプに着目することです。

一眼レフカメラの場合は、ファインダーは光学式ファインダーになっていて、ミラーレスカメラの場合は電子式ファインダーとなっています。そしてファインダータイプが記されていないものはコンパクトデジタルカメラ、通称コンデジと呼ばれるものになります。

この記事では以下でおすすめのカメラを紹介していきますが、読者の方が迷わないようにファインダーのタイプを表記していきます。

以下ではおすすめのカメラをジャンル別に紹介していきます。

ランキング形式でたくさん紹介しようと思っていたのですが、読む方も面倒だと思うので各使い方に合わせて一番おすすめのものを選びました。

使い道や予算に応じて選んで見てください。

しかし、カメラはいい商品を大切に使っていれば5年くらいは余裕で使うことができるものです。12回くらいの分割払いなら一番高いものでも毎月1000円くらいの出費で抑えられるため、ここで1万円程度の誤差でケチケチするはあまり得策ではありません。



静止画を撮るための素人おすすめのカメラはこれだ!

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X8i

落ち着いて綺麗な写真が撮りたいという方には「Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X8i レンズキット EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM 付属 KISSX8I-1855ISSTMLK」がおすすめです。

有効画素数が2420万画素で段違いの美しい風景を写真に収めることが可能です。シャッタースピードが遅いのが少しネックになりますが、こちらはどちらかと言えば止まっているものを撮ることが多いという人であれば大きな問題になることはないでしょう。重量も500g程度なので一眼レフの中では扱いやすく、まさに素人のカメラデビューにオススメの一品となっています。

ファインダータイプ:光学式ファインダー

ISO範囲:ISO 100~12800

シャッタースピード:1/4000秒

有効画素数:2420万画素

重量:0.52kg

動きの早い物体の一瞬を逃さないためのカメラはこれだ!

ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX10M4

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥180,105
(2018/10/17 21:51:44時点 Amazon調べ-詳細)

ソニー デジタルカメラ「ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX10M4」。機能面では非常に優れたカメラになりますが、やはり初めてカメラを選ぶ方にとっては価格がネックになります。お金に余裕のある方にはおすすめです。シャッタースピードが以上に早いのとAF/AE追従 24 コマ/秒により、生き物の瞬間的な動きを連写速写することができます。少し重いですが慣れてしまえば全く気にならないレベルでしょう。

ファインダータイプ:電子式ファインダー

ISO範囲:ISO 100~12800

シャッタースピード:1/32000秒

有効画素数:2010万画素

重量:1.05 kg



ゴツくない!見た目も可愛いカメラが欲しいならこれだ!

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GF9

見た目のおしゃれさと撮影のしやすさで選ぶならやはりPanasonicのミラーレスカメラがおすすめです。なかでもこちらのルミックスGF9がベストでしょう。顔認識機能 / タッチパネル / 空間認識AF / 4K 30p動画 / FHD60p動画 / USB充電対応とさまざまな昨日に対応していて性能の面でも十分にカメラライフを楽しめます。ガチでプロのカメラマンを目指したい、という人でなければ備わっている機能は十二分です。特に重量の軽さが269gと桁違いに軽いです。気軽にふらっと撮影にいきたい方には特にオススメです。

ファインダータイプ:電子式ファインダー

ISO範囲:ISO 100~25600

シャッタースピード:1/16000秒

有効画素数:1600万画素

重量:269 g

予算は少ないけど気軽に綺麗な写真を撮りたい人にはこれだ!

Nikon デジタルカメラ COOLPIX B500

2万円台のカメラで一番おすすめなのはNikonの COLPIX B500です。カメラで撮影した画像をスマートフォン/タブレットに自動転送できる「SnapBridge」という機能もあったりして痒い所に手が届く非常にシンプルなコンパクトデジタルカメラです。やはりその価格は一眼レフやミラーレスと比べても非常に低く、画素数だけで言えば上で紹介したPanasonic性のミラーレスカメラと同程度ですのでかなり綺麗な写真が取れるでしょう。

ISO範囲:ISO 125~6400

シャッタースピード:1/4000秒

有効画素数:1602万画素

重量:448 g

まとめ

いかがだったでしょうか。

これからカメラを本格的に始めようと思っている人はぜひ参考にしてください。

カメラを買って見たけど使い方がよくわからない、思うように綺麗な写真が撮れない、という方はこちらを

写真教室よりも上達が速い!自宅でラクラク上達♪一眼レフカメラ講座