Oculus

Oculus Goでできることと、楽しむために必要なアクセサリとおすすめの買い方

Oculus Goとは

Oculus Goはスタンドアローン型のVR機器で、Facebook社参加のOculus社によって開発されました。スマホやパソコンなどとの接続を必要とせず、Oculus GoさえあればすぐにVRの世界を楽しめることができるようになっています。

Oculus Goの使い方は今の所大きく3つです

VRゲームをする

Oculus GoはAndroidOSで、専用のゲームアプリを楽しむことができます。

動画をみる

Oculus Goでは360°動画を楽しむことができます。

Oculus Goでの動画飲み方は次の二つです。

・Webブラウザで見る

これは単純に、Oculus Goを経由してインターネットで見る場合です。目の周囲がヘッドセットで覆われている分、没入感はありますが、あくまでディスプレイ全体が映像で覆われているだけであって、VR感はあまりないのが特徴です。

ブラウザで見ることのできる動画配信サービスは次のものになります。

・Amazon Prime Video

・dアニメストア

・DAZN

・U-NEXT

・Youtube

・アプリで見る

Oculus Goの専用アプリを提供している動画配信サービスは以下2つです。

・Netflix

・DMM動画

アプリで見ることの最大の利点は、Oculus Goの没入感をよりリアルに感じられる点です。ブラウザで見る場合と違って、Oculus Goに最適化された状態でよりストレスなく楽しめます。

Huluはみれない

動画ストリーミングサービス大手のHuluはOculus Goにはまだ対応していません。

現状Huluを楽しみたい方はPCや他の機器を使う必要がありますが、今後Oculus Goに対応する可能性は十分あると思います。

VR空間に存在する

VR=仮想現実で、よりリアルかつバーチャルな世界を体感できるのがVRの一番の魅力です。Oculus Goでももちろん、VR空間で他のプレイヤーと会話をしたりゲームをしたり楽しむことができるようになっています。

前置きが長くなりましたが、この記事ではOculus Goを最大限楽しむために必要なアクセサリの解説をしていきます。

Oculus Go 本体

まずは当然ですがOculus Go本体がなければ始まりません。

Oculus GoはPCもケーブルも必要なく、それ単体でバーチャルリアリティの世界を堪能できるスタンドアローン型VRヘッドセットです。23,800円からととても安価で高品質なVR体験が可能です。

32GBと64GBがありますが、ここは迷わず64GBをオススメしています。

GBはメモリサイズをあらわしています。

メモリサイズとは、Oculus Goの容量のことで、大きければ大きいほどたくさんのコンテンツを一度にダウンロードすることができます。

目安として、

64GBだと、「HD映画7本/ゲーム20本/アプリ40本」

32GBだと、「HD映画3本/ゲーム10本/アプリ20本」

になります。

64GBの値段は29800円で、32GBと比べて6000円高いですが、せっかくVRを楽しむならちまちま小容量コンテンツを楽しむだけでなくて、コンテンツの質も高いものを楽しまないと損です。ここはケチらず64GBを選ぶことをオススメします。

接眼パーツ

接眼パーツは、Oculus Goをより顔にフィットさせるためにオススメのアクセサリです。VR端末はその装着感がかなり重要なのですが、鼻の低い方にはフィットしない場合があります。そうした、顔の形の違いによる装着感の悪さを解消するためのアクセサリで、本体がうまくフィットしないという方には必要となってきます。

度付きレンズ

VRヘッドセットの装着時は、メガネをかけている場合はとても邪魔に感じることが多いです。度付きレンズがあれば、メガネなしで快適にヘッドセットを装着できるようになるのでとても便利です。

購入サイトが英語になっているのですが、メガネを常時つけている方はこちらの準備をするとよりOculus Goを楽しむことができます。

https://www.framesdirect.com/virtuclear-lens-inserts-for-oculus-go.html

コントローラー

Oculus Goには付属のコントローラーが付いていて、これを使ってVR世界を冒険します。基本的な操作からゲームのプレイまで、常に必要となるものです。

 Oculus Goやアクセサリの買い方

Oculus Goやアクセサリは公式サイトより購入するのが一番です。

https://www.oculus.com/go/

Amazonでも購入可能ですが、公式サイトと比べて5000円~10000円くらい高く売られているで簡単だからといってAmazonで買うのはやめましょう。