プログラミング

Swift初心者のための独学参考書 Swift 4 プログラミング入門の感想

こんにちは。shiroです

いままではPythonの勉強を中心にやってきたのですが、swiftも始めようとおもって早速参考書を選んできたのでざっとみた感想を記事にしていきたいと思います

今回買ったのは、この教材です

created by Rinker
¥3,564
(2018/08/18 03:46:30時点 Amazon調べ-詳細)

Swift 4 プログラミング入門の特徴

まず最初に思ったのが、めちゃくちゃ分厚いということです

僕のMac(13インチ)と比べてもらえればどれだけ厚いかが少しは伝わりますかね・・・

ページ数は全部で800ページあります

これは単純に内容が充実しているからということもあるのですが、各ページにPC画面のスクリーンショットがふんだんに使われていたり、文字サイズや余白ががちょうどよい大きさに設計されているからです

各ページのみやすさは他の参考書と比べても一目瞭然でした

ただ非常に重いので持ち歩くのには向いていないのであくまで自宅勉強用の参考書になるかと思います

Swift 4 プログラミング入門 の目次

具体的な中身は目次を参照することで代替分かるかと思います

Part1 iOSアプリ開発の始め方
  • Xcode入門
Part2 Swiftの文法
  • 基本的な文法
  • 関数
  • 文字列
  • 配列
  • 辞書
  • セット
  • オプショナル
  • クラスと構造体
  • 列挙型
Part3 実践iOSアプリ開発
  • ビュー
  • 主なUIパーツ
  • ビューの管理
  • オートレイアウト
  • 図形と画像
  • アニメーション
  • ジェスチャー
  • データの永続化
  • iOS端末の機能を使う
  • Webから情報を取得する

これでiOSアプリ開発の基本的な知識はだいたい身につけられるのではないかと思いました

また文法のところはPythonで勉強した考え方と似ているところもあると思ったので割とスムーズに習得できる予感がしています

僕は書籍でswiftの勉強をすることに決めましたが、Progateもおすすめです

 

僕がPrgateを選ばなかった理由は、Progateのswiftに動画講座があったからです

個人的には動画のペースで勉強を進めるよりも自分のペースで進めたいので書籍を選びました。動画で勉強したいという方にはProgateの他にUdemyもおすすめしています

 

まとめ

このテキスト自体はすでに1週ざっと見終えて、また気になるところを重点的に今度はXcodeを触りながら勉強していきたいと思います

2日以内には終わらせたいな〜と思っています

これを終えたら一度実際に簡単なアプリを作ってみて、その過程で分からないことがあれば随時調べていくスタイルで勉強していきたいと思います

created by Rinker
¥3,564
(2018/08/18 03:46:30時点 Amazon調べ-詳細)

僕はこの参考書を入門書として取り組むことに決めましたが、他にも悩んで良さそうなものがあったので参考までに載せておきます

学べる内容はだいたいどれもおなじようなことだったので、僕はみやすさを重視してこの参考書を選びましたが、重いのは嫌だという人はもっとページ数の少ないものを選んでもいいかも知れません