ビジネス書

AIに何ができるのかを知りたい人が読むと良い本まとめ

今回は僕が勉強しているPythonにちなんで、AIについて学びたい人が読むと良い本をご紹介します

人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?―――最強の将棋AIポナンザの開発者が教える機械学習・深層学習・強化学習の本質

将棋ソフトPonanzaで有名な山本氏の著書です。

◇黒魔術化する人工知能
◇黒魔術の1つ、「怠惰な並列化」とは
◇ディープラーニングは 知能の大統一理論になれるか?
◇サイコロにも知能がある!?
◇囲碁は画像だった!
◇知能の本質も画像なのか?
◇科学が宗教になる瞬間を見た
◇研究者は「人工知能の性能が上がった理由」を説明できない
◇人類はこれから、プロ棋士と同じ経験をする

人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの

僕が一番最初に読んだ本です。とりわけ難しい記述はなくすらすらと概要がつかめました。数学的な知見がなくても大丈夫です

AIの衝撃 人工知能は人類の敵か

AIの基本的なことから著者の見解が記されています。AIに関する考え方は諸説あるのでいろいろな人の本を読んで考えを深めるのがいいと思います

超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト

落合陽一さんの本になります。タイトルの通り、AIが普及した世界に対応するための心構えみたいなことが書いてあります。教養本として面白いです

AIとBIはいかに人間を変えるのか

こちらはAI本で有名な波頭亮さんの著書です。”AIに職が奪われた”社会で導入されるかも知れない社会保障 BI(ベーシックインカム)についての本です

created by Rinker
¥1,620
(2018/11/21 03:25:56時点 Amazon調べ-詳細)

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

これは最近出版された本です。AI時代の子ども教育について書いてあります。同時にAI社会に適応するための自己啓発として読んでも面白いです

created by Rinker
¥1,620
(2018/11/21 03:25:57時点 Amazon調べ-詳細)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここまではぶっちゃけなんちゃって本というか、AIとはどういうものかが分かるだけでどうしてそれが機能するのかまでは詳しく書かれていないので、もう少し詳しくなりたいという方には次の本をおすすめしています

深層学習 Deep Learning (監修:人工知能学会)

Deep Learningについて詳しく書かれています。数学がわからないと理解できない部分も多いですが、より体系的な理解をしたい人にはいいと思います。

いままで紹介してきた教養本よりはAIに関する理解がなんとなく深まると思います

created by Rinker
¥3,780
(2018/11/21 03:25:57時点 Amazon調べ-詳細)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

おまけに小説も紹介しておきます。有名なSF映画ブレードランナーの原作です。AIと人間の区別がわからなくなった世界で心の葛藤を描いています

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トランセンデンス

ついでに映画も紹介します。人工知能が人間を超える臨界点のことを「シンギュラリティ」と呼びますが、映画では「トランセンデンス(超越)」と言われます。AIの怖いところを描いたSF映画です。めっちゃ面白い

まとめ

僕は大学3年生の頃にインターンシップの準備などでAIの教養を深める準備をしてきましたが、実際にIT企業の就活に非常に役にたったと思います

「新規事業を立案せよ」系のワークでも何が的はずれな意見か、くらいは認知できるようになっていると強いと思うのでこれから就活を始める人は是非本を読んでみてください

もちろん就活をしてなくてもAIはこれから全人類が直面する避けられない事実なので教養として読んでおくとよいと思います

そして、本だけではどうしても理解出来ないフェーズになった時や、AIを使う側に回りたいと思った時は、一緒にプログラミングの勉強を初めましょう!