ビジネス書

英単語を1日100個覚える僕が選んだおすすめの単語帳をレベル別に紹介します

 

英単語はどんな参考書を選べばいいの?

英語の参考書ってめちゃくちゃたくさんありますよね。いろいろな出版社から出されていて上げればキリがありません。単語帳に関して言えば、ぶっちゃけた話、

なんでもいいと思います。

どの単語帳にも同じような単語が載っているのでもし時間があるなら自分で本屋に行って一番使いやすそうな参考書を選ぶのがいいかと思います。お金に余裕があれば、いろいろな単語帳を使って勉強するのもありだと思っています。

複数の単語帳を使うメリットは3つあります。

  1. 重複部分があるから復習になる。
  2. 違う例文が載っているのでいろんな使い方が身につく
  3. デザインが違うので脳の刺激になって覚えやすい

実際に僕もたくさんの単語帳を使ってきました。参考に僕が使ったことのある単語帳を列挙しておきます。もちろん、学校で買わされたものがあるという方や、今使っている物があるという方は無理して新しいものを買わずに、今持っているものを完璧にしてから次の単語帳をやってください。

  • DUO 3.0
  • 英単語ターゲット1900
  • システム英単語
  • ドラゴンイングリッシュ英単語必修1000
  • 速読英単語
  • キクタン
  • TOEFL TEST英単語3800

そして今回は、その中でも実際に僕が使っていて一番よかったと思えたキクタンシリーズを、レベル別に紹介します。

なぜキクタンシリーズが良いのか

キクタンシリーズは「聞いて覚える」をコンセプトに作られた単語帳です。

良かったポイントは3つあります。

  1. リズムに乗って音楽が流れるから飽きない
  2. 1ページ8語だから単語が大きくて見やすい
  3. 語句の使用例が豊富だから応用性が高い

CDサンプルはこちら


【レベル別】キクタンシリーズの選び方

0から始める人は キクタンEntry2000

キクタンEntryは絶対に覚えていなければならないレベルです。何よりも最優先して取り組んでください。これがわからなければどんな英文の解釈も不可能です。
キクタンBasicまで覚えてようやくスタートラインにたったと言えるでしょう。日本の教育課程で言う高校1年生レベルの英語です。このレベルになると、簡単な文章を自分でつくって発信することができるようになります。しかし正直これだけではまだまだ英語学習者としては見習いレベルです。

中級レベル(TOEIC500〜800点)はキクタンAdvanced6000

キクタンAdvancedをマスターすれば、英語のニュースや記事がある程度立ち止まることなくスムーズに読めるようになります。日本の教育課程で言う、高校終了レベルです。具体的には、センター試験で満点が狙える単語力にまでは来ているでしょう。あくまで単語力の話ですが。
CNNのような大衆向けニュースも理解できるようになるでしょう。
簡単なコミュニケーションが取れるように慣れればいいと言う方はここで一旦単語学習をストップしてスピーキングとリスニングに力を入れ始めてもいいでしょう。

キクタンSuperまで覚えれば、ほとんどの人は単語で困ることがなくなります。学会に出てくるような難しい論文であっても、時々辞書を弾きながら読むことができるようになるでしょう。日本の大学受験では困ることはなくなります。

上記の単語帳をすべて覚えれば、ひとまず単語が原因で挫折することはなくなります。しかし、これだけでは十分で無いというのも事実です。例えば海外の大学院を受けるために必要なTOFLEテストですが、

ここまで覚えてやっと、試験では困らないくらいの単語力がついたと胸を張っても良いでしょう。僕の実感値としては、これを覚えてやっと、比喩などのある洋書を立ち止まらずに読めるようになった、くらいです。
それでも当然分からない単語が段落内にもチラホラと出てきます。ただ仮にその単語の意味が分からなくても、英語は1paragraph1mianingの原則に従って書かれていますので、文章全体の意図を見失うことはほとんどなくなりました。
つまり、ここから本格的に英語で情報を得ることが用意になったと言ってもいいでしょう。

ここからの英単語学習

これまでに示した5つの単語帳を覚えれば、日常的に使われる単語のほとんどは網羅できたと言っても過言ではありません。

これ以上の難しい単語となると、専門性の高い用語だったり古典的なフレーズだったりとかなり実用面からかけ離れたレベルになってきますので、ご自身のバックグラウンドに合わせて必要な単語帳を選んでいくと良いと思います。
また単語帳を使わずとも、すでに英文を読んでわからない単語に当たる回数はかなり少なくなっているはずなので、自分の専門性に沿った英文をたくさん読んでいくうちに、見つけたわからない単語をその都度覚えていく方法でもいいと思います。
とりあえず、ここまでで大きな土台を創ることができますので、それからはご自身の時間と必要性に応じて好きなやり方で言葉を覚えていくのがいいと思います。