小説

映画化ドラマ化されたおすすめの洋書まとめ(フィクションアドベンチャー編)

 

洋書のすすめ

皆さん。

洋書を読みましょう!

とはいっても洋書を読めるようになるにはそれなりの英語力があることが前提ですが。

具体的には、大学受験レベルの文法と、”それなりの”単語力が必要かなと思います。それなりと書いたのは、別に単語は分からなかったら逐一調べればいいだけなので、少なくとも英語のセンター試験で8割くらいとれるくらいの実力があれば大丈夫かなと思います。

TOEICでは700点くらいは最低でも欲しいですね。

そこまでの実力に至っていないという人は、洋書を読んでも挫折するだけで時間だけ消費してしまうので、おとなしく基礎固めに励んだ方がいいと思います。

逆にある程度の基礎がある方は、どんどん洋書を読むことで自然なフレーズだったりボキャブラリーを身に着けながら、”英語で理解する”=英語脳を身につけることが可能になるので積極的にチャレンジしてください。

洋書の選び方。挫折せずに最後まで読むために。

一言で洋書を読め!と言っても何処から手をつけていいのかわかりませんよね?

僕は、英語ネイティブでない方はすでに実写化されている洋書を読むのが良いと思っています。

本を読み勧めていくうちに途中で分からなくなってしまったりすると、途端に続きを読む気力を失ってしまいますよね?

理解できているところまで読み返そうと思っても、どこまで理解できていたのかさえ分からなくなってしまったり。

その点、実写化済みの洋書はとても挫折しにくいです。

読み方は、

  1. 映画・ドラマを観てから洋書を読む
  2. 洋書を読んでいて分からなくなったら映画・ドラマを観る

と好みに合わせて読めばいいと思います。

映像で理解した方のが記憶に残りやすいしイメージを働かせやすいです。

僕はこのやり方を始めてから最後まで挫折することなく本を読み進めることができました。

たくさん読んでいると、英語を読むということに対する抵抗感がなくなってきて、次第に立ち止まる回数が減っていきます。

ですので、「洋書を読んでみたいけど最後まで読めるか不安」という方や、「過去に洋書を読んで挫折した経験がある」という方は、参考にしてみるといいかと思います。

実写化済みフィクションアドベンチャー
洋書タイトル7選

この記事では、実写化済みタイトルの中でもフィクションアドベンチャーの作品をご紹介します。

アドベンチャー系のお話は、話の展開するテンポが早いので飽きが来ないのが特徴です。

実際に僕が読んで面白いと思った本ばかりなので、ぜひ読んでみてください。

The Hobbit

The Lord of the Rings

概要

The Hobbt(ホビットの冒険)は、ニュージーランドの児童小説です。
ホビットと呼ばれる小人たちが、龍に奪われた財宝を取り戻すために、魔法使いやドワーフたちと冒険をする物語です。
著者は、「指輪物語(ロード・オブ・ザ・リング)」で有名なJ・R・R・トールキンで、The Hobbitは「指輪物語(ロード・オブ・ザ・リング)」前日譚にあたる作品なります。
第1部『ホビット 思いがけない冒険』、第2部『ホビット 竜に奪われた王国』、第3部『ホビット 決戦のゆくえ』の3部構成で映画化もされました。

ホビット3部作はHuluでのみ観ることができます。

ロード・オブ・ザ・リングはHuluとPrime Videoで観ることができます

Netflix Hulu Prime Video
ホビット
ロード・オブ・ザ・リング



The Martian

概要

The Martianはオデッセイというタイトルで映画化されたSF小説です。マッド・デイモンが主演を務め、世界中で大ヒットしました。
宇宙飛行士マークが探索中に砂嵐に見舞われてしまい1人火星に取り残されてしまいます。

そんなマークが、限られた物資と植物学者の知恵を生かして火星で生き残ることができるのか?というおな話。

Netflix Hulu Prime Video
オデッセイ

残念ながら、映画 オデッセイを観れるサービスはありませんでした。オデッセイを観たい方は、Amazonよりレンタルもしくは購入することで視聴可能になります。映画オデッセイはこちらから

Harry Potter

Fantastic Beasts and Where to Find Them

概要

これは、ハリーポッターシリーズよりも少し前のお話で、若き頃のダンブルドアも登場します。
ファンタスティック・ビーストの映画は1部作「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」がすでに公開されており、また、2部作「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」が2018年秋より公開予定です。
Netflix Hulu Prime Video
ハリーポッター
ファンタスティック・ビースト

残念ながら、映画 ハリーポッターを観れるサービスはありませんでした。ハリーポッターを観たい方は、Amazonよりレンタルもしくは購入することで視聴可能になります。映画ハリーポッターはこちらから

The Hunger Games

概要

ハンガー・ゲームは独裁国家となった近未来のアメリカを描いたお話です。

12区画に分けられた各地域から毎年2名選出され、合計24人で殺し合いをさせる「ハンガー・ゲーム」という行事を行うことで、独裁国家に対する犯罪の抑止力としていました。

小説3部作、映画は4部作校正となっています。人間の心理を究極的にまで追求したギリギリの駆け引きが近未来都市を舞台に繰り広げられます。

Netflix Hulu Prime Video
ハンガー・ゲーム

ハンガー・ゲームはどのストリーミングサービスでも視聴可能です。

需要の高さからもみてとれるように文句なしのエキサイティングなストーリーです。

Game of Thrones

ゲーム・オブ・スローンズはドラゴンや魔法が存在する中世ヨーロッパのような架空の舞台で描かれるファンタジー小説です。
様々な特徴と背景を持つ7つの大国が入り乱れるように話の展開が進むため、登場人物も非常に多くすこし話が複雑です。
シリーズも全部で7部作と非常にボリュームが多いですが、その分骨太なストーリーが楽しめます。

Netflix Hulu Prime Video
ゲーム・オブ・スローンズ

ゲーム・オブ・スローンズは、HuluかPrime Videoで視聴可能です。
映画ではなく連続テレビドラマとして公開されているため、全て視聴するにはそれなりの時間と覚悟が必要ですが、日本ではありえないほどの巨額な制作費の元作られた壮大なファンタジームービーになっているので見ごたえはめちゃくちゃあります。


Ready Player One

レディー・プレイヤー・ワンは2045年の環境汚染によって荒廃した世界の中で、オアシスと呼ばれるVR空間上に形成された仮想世界の中に現実逃避する人類を描いたお話です。
アシスに隠されたイースターエッグを手にしたものが、オアシスのすべての管理権を得ることができるというオアシス創始者のハリデーの遺言により、主人公ウェイド・ワッツや、世界的大企業IOIなどが、こぞってイースターエッグ獲得に奔走します。

Netflix Hulu Prime Video
レディー・プレイヤー1

映画は2018年の4月に公開されたばかりでまだ対応しているストリーミングサービスはありませんでした。

まとめ

いかがだったでしょうか。

洋書を読む際には、電子書籍の購入がおすすめです。

洋書は日本にある数が限られているため、海外輸入になって送料が高くなってしまったり、日本の文庫本とは作り方が違うので日本人にとっては少し見にくいと感じてしまう方が多いと思います。

また電子書籍であれば、難しい単語の意味もいちいち辞書を開かずとも教えてくれたり、読み聞かせ機能がついていて同時にリスニングの勉強にもなったりします。

多くの洋書は電子書籍での購入が、紙の本(ペーパーバック)よりも半額近く安くなっていることがほとんどです。

電子書籍リーダーは7000円程で購入できて、洋書をたくさん読みたい!という人にとっては10冊も読めば元が取れるので大変おすすめしています。

電子書籍について詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてください。

まだ電子書籍リーダー持ってないの?