マイウェイ

僕は【学生寝すぎ問題及び睡眠なんて必要ないんじゃないか仮設】を提唱する。

ぼくは最近ずっと気になっていることがありました。

それは・・・

大学生寝すぎじゃね?問題

僕の友達の話を聞いていても

だいたい寝るのは夜1時で起きるのは朝の10時ぐらいが平均的

遅い人だと昼の12時くらいまで布団の中って人まで・・・

これって僕の周りだけですか??

詳しいデータとかは調べてないし面倒なので調べないですが。

もちろん1限に出席しないと行けない人は早く起きるんですけど別に毎日1限があるわけでもないですし。

特に一人暮らしの大学生なんて誰もおこしてくれないですからね。

人生で大切な3つのこと

今では世界中で有名となったサービスDropboxを開発しているドロップボックス社CEOのドリュー・ヒューストン。

彼がMITの卒業式でしたスピーチで、人生で大切な3つのことについて語りました。

www.youtube.com

  1. 夢中になれることを探す
  2. 刺激的な仲間を見つける
  3. 人生は30,000日しか無い

これはもう間違いないな、と僕は思うわけです。

夢中になれることを探す

僕はよく何のために生きているのかということを考えています。

「お金のため?」

「幸せな生活を送るため?」

「人の役に立つため?」

いろんな回答があると思いますが、それがどんな答えであるかにかかわらず、

そのことに本当に自分が熱中できるか

ということが結局のところ重要になってくる気がしています。

刺激的な仲間を見つける

自分が熱中できることを見つけた時、それだけで人生が豊かになるかというとそうではないと僕は思います。

僕は人が人足りうる条件として、

他人とのつながりがあること

が大事だと思っているからです。

ターザンはずっと猿だった

f:id:SHIROK:20180509214356j:plain

ジャングルで育ったターザンは、1人の女の子と出会ってはじめて「人」としての人格を宿しました。

f:id:SHIROK:20180509214605j:plain

美女と野獣でも、ずっと孤独だった「野獣」を救ったのはやはり「人」とのふれあいです。

刺激的な仲間

人にとって「成功」の基準はそれぞれでしょう。

ただ共通して言えるのは、

孤独の中に成功は無い

ということです。

どんなに自己実現を達成しようと、社会的コミュニティの中に存在しなければ豊かな人生にはなりえないと、僕は思うのです。

人生には30,000日しか無い

そして、最も大事なことは、先程説明した2つは

スタートに過ぎないということ。

人生はとても短いです。その短い中で、「やりたいこと」を見つけて、「刺激的な仲間」と(のために)それに取り組み、達成する。

そこまでしてようやく、価値のある人生が送れたなと実感できる気がしています。

大学生寝すぎじゃね?問題

1日に8時間寝た場合、それは人生の1/3を睡眠に使っているということになります。

例えば僕の場合は最低でも後60年は生きるつもりですから、そのうちの20年間を睡眠に費やすということになります。

20年って、

今までの僕の人生やり直せるくらいの時間ですよ!!

人生あと60年あるとか言っても実は40年分しか動いていない。

そんなのもったいないな、と僕は思ったわけです。

いやしかしよくよく考えていると、

人って本当に1日8時間も寝る必要あるのか・・・?

と思ってきました。

例えば寝るのを2日に1回にすれば、10年間は自由な時間が増えるわけですよね。

僕は睡眠が無駄な事だと言っているわけではないんですが、

睡眠は守りの時間

だと思っています。

確かに睡眠で疲れを取れば、起きている時により生産的な活動ができるかもしれません。

でも、睡眠の時間は、明らかに非生産的なんですよ。

僕の人生はもっと攻めの時間であってほしい。

しかし睡眠中は常に「回復」しかできないわけで、僕はそのことをすごくもったいないと思うようになったわけです。

自分は毎日、18時間働くことにしている。
- トーマス・エジソン -

トーマス・エジソンの名言・格言集。失敗は勉強である! | 癒しツアー

僕は寝るのをやめようと思う

多分人間にとって睡眠は大事だ。

そんなことはわかっている。

でも同時に、

人間は睡眠以外の方法で睡眠と同様の効果を得る努力を怠ってきた

とも僕は思っているのだ。

少しづつ、少しづつ始めてみようと思います。

例えば睡眠でよく言われる効果なんて、

  • 疲労回復
  • ストレス解消
  • 背が伸びる

これくらいだろう。

僕はそんなに疲れが残りやすい方じゃない。疲れたらストレッチでもすればいいさ。

f:id:SHIROK:20180509221014j:plain

ストレスだってそんなに溜まりやすい方じゃない。

ぼくは生まれてこの方キレたことが無いくらいだ。

身長はどうせもう伸びない。

そう、僕は睡眠から享受できることがそれほど多くないのだ。

もちろん睡眠欲はある。生理現象だ。

しかし、それに変わる新しい習慣が身につけば、

その習慣こそが睡眠を代替する生理現象となって発現するはずだ!

というのが僕の仮設です。

1日1回寝ないとだめなんて固定観念だ。

僕はこれから本気で「睡眠」と向き合ってみようと思います。

そして僕はこの睡眠の不必要性についての解明し、

人類の幸福寿命を30年間伸ばした男としてノーベル賞を受賞するのだ・・・!